こっそり教える会計ソフトの3つのヒ・ミ・ツ

そもそも会計ソフトとは?

会計ソフトとは、会社の経理業務にて記録や集計する取引情報やお金の入出金などの情報を正確に自動的に集計してくれるものです。パソコンの普及に伴い、会計ソフトは誕生しました。初期段階の会計ソフトは、仕訳入力後に決算書を作成するという単純な機能でしたが、最近はクラウドの登場により、インストール不要のクラウド型会計ソフトが登場し、会計知識がなくても活用できるようになり、専門知識を持つスタッフを用意する必要がなくなりました。また、口座情報や取引明細も自動的に仕訳してくれる機能などもつき始めています。なお、クラウド型となったことによりバージョアップや更新がクラウド上で自動的に行われるため常に最新のソフトが使えるようになっています。

導入後の3つのステップ

会計ソフトを導入したら、初期設定を行わなければなりません。事業所情報や社名、住所、業種など決算書に出すべき項目を全て入力します。原則課税か簡易課税か消費税設定もしておく必要があります。
次に、セキュリティー設定をする必要があります。会計情報はとても重要な情報ですのでネット経由で漏れると大変なことになります。多くの場合はIDやパスワードが設定できるようになっていますので、すぐに設定しておきましょう。データの暗号化ができるタイプのソフトであれば暗号化の設定もしておきましょう。
最後に会計データーのバッックアップ設定をすることも大切です。会計データは重要データなため壊れてしまうと大変です。可能であれば、ファイルサーバーなどを用意してデータを定期的にバックアップしておきましょう。