会計ソフト、どれも同じと思ってませんか?

クラウド会計ソフトを導入

従来の会計ソフトはソフトウェアを購入してそれを使用しているパソコンなどのデバイスにインストールして使うものでした。デバイスにソフトウェアをインストールして使うので、会計データはそのデバイスに蓄積していく仕組みです。これに対してクラウド会計ソフトは利用するデバイスにソフトウェアをインストールするのではなく、インターネット経由でクラウド会計にアクセスする事でサービスを利用できます。
会計データも使用したデバイスにではなく、クラウド上に蓄積されていきます。その為会計ソフトを使うデバイスが複数あっても全てにソフトウェアをインストールしたり、データを共有する為に会計データの送信は必要ありません。会計ソフトを使ったり、データを見るにはログインする為のパスワードが必要なので、ネット上にあっても外部の人に情報が漏れる事はありません。

クラウド会計のメリット

クラウド会計のメリットは複数のデバイスで会計ソフトを使う場合でもインターネットを経由してソフトを利用してクラウド上にデータを蓄積するので、簡単に多くの人がソフトとデータを共有できます。規模が大きな事業所ほど使用するデバイスが多くなる傾向があるので、クラウド会計の恩恵を受けられます。どのデバイスでも使用できるので、普段は業務で使用しないモバイル端末からでも利用できるので事業所外で仕事をする時も便利です。
会計データ自体がクラウド上に蓄積されるという事は業務に使用しているデバイス自体がウィルス等に感染してもそこに会計データは残っていないので、漏洩しません。また使っているデバイスが急に故障してもクラウド上にデータがあるので、データの消失を免れます。