「一」から解説!会計ソフト!

パソコンを使って経理業務を行う

個人事業や一人で会社を起業した時、それほど経理業務が多いわけではありません。帳簿付けなどは手書きの書類などで済ませている人もいるでしょう。手書きで作成すると転記であったり集計などをすべて手作業で行う必要があります。大変なだけでなく入力ミスや計算ミスが出る時があり、そのたびに入力のし直し、計算のし直しが必要です。本業の時間をどんどん減らす要因になります。会計ソフトはパソコンで経理業務を行える仕組みです。手書きの必要はなく、すべてパソコンからデータを入力します。転記と集計はすべて自動で行ってくれるので、入力さえ終われば後はすべてソフトが行ってくれます。ミスをしたとしても、データのずれなどからミスが発見しやすくなります。

最新の税制を知らなくても自然に対応

個人事業なら所得税の確定申告が必要です。法人なら法人税の申告、消費税や事業税、その他さまざまな申告納税が必要になります。それぞれ税法によって決まりがあり、年によっては改正などが行われます。改正に準拠しないと受け付けられないときもあります。改正をうまく利用すると節税ができるかもしれません。税理士なら改正情報なども把握していますが、一般の経営者となるとなかなか把握できません。会計ソフトは、基本的には最新の税制に対応してくれています。ですから出力される帳票で出せば受け付けてもらえます。ソフトの中でもクラウドタイプならインストールがいらないので、常に最新のソフトが使えるようになっています。税制改正があっても安心です。